年収が低い!?低所得者と呼ばれる基準はどれくらいのラインなのか

年収が低い!?低所得者と呼ばれる基準はどれくらいのラインなのか

 

年収が低いと嘆いている人は、今の日本にはとても多いと思います。

 

しかし、年収が低いという基準はその人ごとにまちまちです。

 

「年収600万円もらっているから十分」
「年収1,000万円程度だと低いな」
「年収300万円だから生活が苦しい」

 

稼いでいる額が明らかに低い場合は低所得だと分かりますが、一定額以上稼いでいると低い所得と言うのは難しいです。

 

そこで、低所得者の基準についてお話していきたいと思います。

 

 

低所得者と言われる基準は年収300万円以下

 

一般的に低所得者と言われている基準は年収300万円以下だと言われています。

 

1年で300万円というと、結構稼いでいるように聞こえるかもしれません。

 

しかし、年収とは税金を除いた金額です。

 

所得税、住民税、社会保険、もろもろの金額を引いていくと、かなり少ない金額になります。

 

しかも、税金も社会保険も年々上がっていっています。

 

ただでさえ年収の水準は下がってきているのに、手取りがどんどん減っていくという現象が起きているのです。

 

 

 

低所得は社会現象になりつつある

 

この年収300万円以下というのがおそろしいことにどんどん増えてきています。

 

昔は結婚する女性の基準が年収1,000万円以上とか言っていた時期があると思いますが、今では年収600万円も稼げていれば優良物件だとみなされます。

 

このように女性の基準値が下がっていることから見ても、以下に年収の水準が下がってきているかということも分かります。

 

 

 

低所得の基準が更に下がるのでは?

 

このままいくと国民全体の年収が下がっていき、低所得という基準自体が下がっていくかもしれません。

 

生活をある程度潤わせたいのであれば、年収はある程度増やしたいところ。

 

転職をしたり、節約をしたり、副業をしたりして何とか手元に残るお金を増やしておいた方がいいでしょう。