年収が低いとクレジットカードの審査に影響があるってホント!?

年収が低いとクレジットカードの審査に影響があるってホント!?

 

クレジットカードの発行をする時には審査があります。

 

審査はこの人にカードを発行しても大丈夫かということを判断するために行います。

 

そのため返済能力と見なされる年収が低いと、審査に落ちるケースもあります。

 

 

このクレジットカードの審査基準は年収200万円であると言われています。

 

では年収が200万円無いと落ちるかと言うと、そういうわけでもありません。

 

 

年収200万円ないと審査に落ちるの?

 

年収200万円というはあくまでもボーダーラインとして設定されていることが多い金額です。

 

しかし、この金額を稼げていないからといってクレジットカード発行できないかというとそういうわけではありません。

 

例えば主婦の方は旦那さんが十分な収入を持っていることが多いです。

 

そうなるとクレジットカードを発行しなかったら、もったいないですよね。

 

結局は返済能力があるかどうかがポイントとなるわけです。

 

 

 

年収が高ければ審査に受かるの?

 

そう考えると年収が高ければ審査に受かるのかと思いますが、そういうわけでもありません。

 

自営業の方は年収が高くてもクレジットカードに落ちやすいです。

 

自営業の方は会社で働いているわけではありません。

 

結局は自分の頑張りなどで収入が左右されてしまうため、収入が安定していないとみなされてしまいます。

 

そうなると、返済能力に疑問が付いてきて、結果的にダメになったりするのです。

 

よく自営業の方は住宅ローンなどが組めないというような話を聞きますが、それと全く同じですね。

 

 

 

審査があまいクレジットカードもある

 

クレジットカードはその会社ごとの審査基準があります。

 

すると、当然審査基準が甘いクレジットカードも出てきます。

 

中にはフリーターでも発行できるクレジットカードもあります。

 

そういったものを狙って発行していくのもアリでしょう。